下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

*本ページにはPRが含まれることがあります

365日コーデ

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

女性が抱える体型のコンプレックスで多いのが、「太ももやふくらはぎが太い」という問題です。

また、下半身が太いことで脚が短く見えて、「せっかくオシャレな服を着ても決まらない」という声も多いもの。

こうした理由から、「もっと色々な服にチャレンジしたいけれど、着る服が限られてしまう」という人もいるのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するため、脚の短さに悩む人が陥りやすいパターンを探り、脚長に導くアイテムとその使い方をレクチャーします。

便利なアイテムをうまく使って、コンプレックスを気にせずオシャレを楽しみましょう。

こんなコーデしてない?「脚が短く見えてしまう失敗例」

①重心が下がるコーディネート

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

お腹やお尻を隠そうとして、つい長めのトップスを選んじゃう…。

長めのトップスは確かに腰まわりのカバーに効果的ですが、腰の位置が下がり、脚が短く見えることに繋がってしまうんです。

また、脚の太さをカバーするために、ワイドパンツなどのゆったりとしたボトムスを選ぶこともあると思いますが、これもそのままだと下半身が重い印象になり、脚が短く見える原因になります。

②脚の付け根やお尻の位置がわかるコーディネート

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

上記のケースは隠すことによる失敗例でした。

反対に見せることで失敗してしまうケースでは、脚の付け根や下がったお尻のラインがハッキリ出ていることが多いんです。

脚の付け根やお尻の下のラインは、「ここから下が脚ですよ」という印象を与えるポイントになります。

なので、コーディネートする時は、できるだけこの部分を隠すようにすることが大切なのです。

③カラーやシルエットにメリハリがないコーディネート

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

体型をカバーしようとするあまり、引き締めてくれそうな濃い色でまとめたり、ゆったりとした服だけを組み合わせたりしていませんか?

脚のカバーだけでなく体型カバー全般にいえることですが、コーディネートにメリハリがないと、スタイルアップに効くとされるアイテムの効果は半減してしまいます。

それどころか、かえって隠したい部分を強調させてしまうこともあるため、全体のバランスを見てスタイリングするということが重要です。

体型カバーのポイントは?

①腰の位置を高く見せる

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

腰の高さは、パッと見た時に脚の長さを印象づける大事なポイント。

脚をスラッと長く見せたい場合は、なるべく腰の位置が高く見えるように、アイテムのデザインに気を配りましょう。

トップスでは着丈の短いクロップドトップスや、高い位置で切り替えたブラウスやシャツなどがおすすめ。

ボトムスで脚長効果が高いのは、ハイウエストタイプのスカートやパンツです。

コーディネートに合わせて最適なアイテムを選び、脚の短さを上手にカバーしましょう。

トップスとボトムスの比率は1:2から1:3くらいを目指すとバランスがよく見えます。

②縦のラインを強調する

下半身デブが悩み…短足女子がカバーコーデできるおすすめアイテム18選

着やせのコツともいえるのが、目の錯覚を利用したスタイリングです。

コーディネートに縦のラインを入れると、全身をスラッと背高に見せることができます。

脚にポイントを絞ってスタイルアップしたい場合は、シルエットが直線的なボトムスを選ぶのがおすすめ。

センタープレスやピンタックが入ったものなら、美脚効果やきちんと見えなどのメリットも狙えます。

他にも、プリーツ加工やストライプ柄などが効果的。

さらに、パンツの場合は靴とカラーを同じにすると、つま先までを脚であるかのように見せることができます。

③脚の付け根とお尻のラインを隠す

脚が短く見える失敗例でも触れましたが、脚の付け根やお尻の下のラインも、脚の長さを決定づける上で欠かせないポイントになります。

カバーには2つの方法があり、そのひとつがスカートやワンピースなど、脚の付け根やお尻の下のラインが隠れるアイテムを使うことです。

脚の付け根に余裕のあるワイドパンツも、効果を実感できるアイテムですよ。

そしてもうひとつの方法は、オーバーサイズのブラウスやニットを使い、トップスから働きかけるというもの。

こちらの場合は、腰の位置を高く見せる工夫を取り入れましょう。

④重心を引き上げる

上記の3つを押さえたら、視線を引き上げるコーディネートで脚長効果をアップさせましょう。

難しいテクニックは必要ありません。

目を惹くようなカラーやデザインのトップスを使うだけでOKです。

見る人の視線が上へ上へと持ち上げられ、同じ丈のアイテムを着てもスラッとしたボディに見せることができます。

さらにアクセントの部分に視線が集まることで、脚の太さや短さが目立ちにくくなるでしょう。

腰の位置を高く見せるアイテム

①ハイウエストスカート

出典:Pierrot

トレンドが続くマーメイドスカートは、スッキリとしたタイトスカートをベースに、フレアの落ち感が縦のラインを強調してくれます。

腰の位置を高くすると脚長効果がアップするので、ハイウエストのアイテムを選ぶのがおすすめです。

下半身を引き締めたい場合は、ダークカラーの色柄を選ぶようにするとよいでしょう。

②ハイウエストパンツ

出典:Pierrot

スカートと同様にパンツも、脚長効果のあるハイウエストを選ぶのがおすすめ。

フロントやサイドにベルトがついたデザインなら、アクセントになって視線を上に運んでくれます。

ウエストマークでくびれも強調されるので、脚の太さだけでなくお腹まわりが気になる方に最適です。

③切り替えトップス

出典:Pierrot

トップスのデザインを活かしてスタイルアップするなら、高めの位置で切り替えたブラウスやシャツが効果的です。

ギャザーを絞ったデザインなら、ふんわりしたシルエットで女性らしい着こなしに。

切り替えの位置が実際より少し高いと自然な印象に仕上がり、きちんと装いたい通勤シーンにも使いやすいはず。

アンダーバストで切り替えたデザインの場合は、胃の辺りから下の広い範囲をカバーできて、脚だけでなくウエスト周辺が気になる方におすすめです。

④クロップド丈ベスト

出典:aquagarage

クロップド丈のベストを使えば、一瞬にして腰の位置を高く見せることも可能。

ワイドパンツと組み合わせた場合も、テクニックなしで脚長に見える理想的な比率に整います。

短いとお尻が気になる方は、こちらのように前後差のあるデザインを選ぶのも一つの手です。

縦のラインを強調するアイテム

①ロングジレ

出典:aquagarage

ひざより長いロング丈のジレは、縦ラインを強調する効果の高いアイテム。

シンプルなデザインを選べばコーディネートを問わずに使えて、羽織るだけでスタイルアップが叶います。

脚の長さに悩んでいる人は、中に着る服の比率を理想の1:2~1:3にしてバランスよく仕上げてみて。

サッと羽織れるアイテムなので、お出かけ前の微調整にもぴったりです。

②バイカラートップス

出典:Pierrot

バイカラーでラインを入れたトップスは、デザインの着映え感が魅力。

身につけると視線が上に誘導されるので、自然と脚の長さをカバーすることができます。

こちらのように鮮やかなカラーなら、惹きつける効果もグッとアップ。

ワイドパンツなどで脚の太さをカバーした上で、補助的に取り入れるのがおすすめです。

③ロングタイトスカート

出典:aquagarage

下半身を細長いシルエットに整えてくれるロングタイトスカートは、脚の太さや短さをカバーしやすい便利なアイテム。

程よい厚みのストレッチ生地なら、脚のラインを拾わず着心地もよくて使いやすいでしょう。

トップスに明るいカラーや目を惹くデザインを取り入れると、下半身に視線が集まらなくなるのでおすすめです。

④ストライプ柄スカート

出典:DoCLASSE

ストライプ柄は縦のラインを強調してくれるので、ボトムスに取り入れると脚がスラッと長く見えます。

こちらのスカートはハリ感ととろみのバランスがよく、ドレープが落ちるように揺れることで、さらに縦線を強調。

ストライプ柄を着るとマニッシュに傾きやすい方も、フェミニンな印象で着こなせます。

爽やかでクリーンな印象を与えるストライプ柄は、日常のコーディネートだけでなくオフィスシーンにも最適です。

⑤センタープレスパンツ

出典:Pierrot

中央にプレスの入ったパンツを履くと、縦のラインを強調して脚がスッキリ見えます。

こちらのパンツは程よい太さのボックスパンツで、コーディネートを問わずに使える点が魅力です。

センタープレスの入ったデザインは、他にもテーパードパンツやワイドパンツがあるので、自分の体型やデザインの好みで似合うものを選びたいですね。

⑥スキニーパンツ

出典:DoCLASSE

黒のスキニーパンツは脚を細く見せる効果の高いアイテム。

シューズを同系色にして下半身をひと繋ぎにすると、つま先まで続く縦ラインが作られ、スタイルアップの効果が一気に高まります。

ふくらはぎのラインや足首の太さが気になる方は、ロングブーツで隠してしまうというのも一つの方法です。

トップスで脚の付け根をカバーすれば、どこからが脚なのかが分かりにくくなります。

⑦プリーツスカート

出典:aquagarage

ボトムスに縦線が多く入るプリーツスカートには、下半身全体をほっそり長く見せてくれる効果があります。

生地の凹凸でラインを拾いにくいことも嬉しいですね。

体を動かすとプリーツが追いかけるように揺れ、その上品な演出もコンプレックスのカバーに一役買ってくれるでしょう。

腰まわりの太さが気になる人は広がりを防ぐため、プリーツが細かいアイテムを選ぶのがおすすめです。

重心を引き上げるアイテム

①リボンタイブラウス

出典:Pierrot

大きなリボンがアクセントになり、上半身に視線を集めることで脚をカバー。

数あるデザインブラウスの中でも、クラシカルで派手になりにくいリボンタイブラウスは、大人のスタイルアップに使いやすくておすすめです。

②カラートップス

出典:DoCLASSE

思わずハッとする鮮やかなカラーのニットは、視線を上に持ち上げスタイルアップに効果的。

長めのチュニック丈を選ぶと脚のはじまりがわからなくなり、体にフィットするスキニーパンツなども着こなしやすくなります。

こちらのニットの場合、サイドに入ったスリットが縦のラインを強調して、脚の短さを感じさせずスッキリ着用できるでしょう。

脚の付け根やお尻の位置を隠すアイテム

③ラウンドヘムトップス

出典:Pierrot

脚の短さに悩む人がトップスを選ぶ場合は、裾のデザインにも注目してみましょう。

裾が丸くカットされたデザインはラウンドヘムと呼ばれ、レイヤードスタイルのインナーによく使われます。

長めのトップスを着用すると、脚の付け根とヒップの下のラインがカバーされ、脚の短さが気にならなくなるんです。

サイドは上向きにカットされていて、腰位置の高さはしっかりとキープできます。

④フレアスカート

出典:aquagarage

美しいフレアを描くロングスカートは、下半身全体をカバーできて安心感のあるアイテムです。

腰まわりにダーツが入っているタイプなら、トップスをインしても過度に広がらず、コーディネートのバランスも調整しやすいはず。

波打つような柔らかいシルエットで、フェミニンな印象や上品さを演出し、きちんとしたシーンやデートのコーディネートにも最適です。

⑤ジャンパースカート

出典:Re:EDIT

肩から脚までを覆うワンピース類も、脚の付け根とヒップのラインを隠したい時に大活躍。

気になるパーツをカバーしたら、デザインにこだわってスタイルアップまで実現しましょう。

胸当てを高い位置で切り替えたジャンパースカートは、そこから下が脚であるかのような印象を与えて、脚を長く見せたい人にうってつけ。

深いVネックには縦ラインを強調する効果があります。

⑥ワイドパンツ

出典:DoCLASSE

ワイドパンツは脚の太さをカバーしやすいアイテム。

脚の短さに悩む人は、脚の付け根に余裕のあるものを選んで、股下のスタートラインを曖昧にするとよいでしょう。

下半身が重く見えるのを防ぐために、落ち感のある生地を選ぶことも大切なポイントです。

⑦ビッグシャツ

出典:aquagarage

着丈が長めのビッグシャツで、股下の長さを左右する脚の付け根を効果的にカバー。

おすすめのコーディネートは2種類。裾を出して着る場合は、細身のパンツを合わせてスッキリとしたコーディネートに。

もうひとつは、ハイウエストのボトムスに裾を入れて、上下を1:3の比率にした脚長スタイル。

きれいなカラーや高め位置のディテールは、視線を引き上げてスタイルアップを促します。

脚長アイテムを味方につけて、バランスよくコーディネート!

出典:Pierrot

「脚が長い・短い」という印象を決めるのは、股下の長さだけではありません。

この記事でご紹介したように、腰の位置をどこに設定するかということや、脚の付け根やお尻の下のラインを隠すことなども、見た目の上で印象を大きく左右するポイント。

実際の脚の長さを変えるのは難しいことです。しかし、隠した方がいい部分をしっかりと隠し、強調した方がいい部分をきちんと強調すれば、脚が長いように見せることはできます。

効果のあるアイテムを上手に取り入れて、好きなファッションを思い切り楽しみましょう。

ぽっちゃり女子向け大きいサイズのおすすめファッション通販まとめ
【大きいサイズ】ぽっちゃり女子向けのプチプラレディースファッション人気通販ブランドまとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人
Saori

Saori

一般財団法人 日本能力開発推進協会「メンタル心理カウンセラー」 日本インストラクター技術協会「服飾インストラクター」 心理カウンセラーとしてカウンセリングを行う傍ら、更なる学びを求めて大学に通う。全ての女性がハッピーになれるような、ファッションからビューティーまで幅広く情報をご提案致します。

-365日コーデ
-